簡単スマホ人気情報局

格安SIMは、毎月の利用金が安いだけでなく、docomo通信網またはau通信網を利用し、通信エリアが同じと言われています。

しかし、実際に利用すると本家docomo回線よりも電波強度が弱いといったことがあります。格安SIMの場合、通信速度は制限されると認識はしているものの、電波強度については検討材料としません。そもそも、docomo回線を利用するのであれば、通信エリアや電波強度は同じでということが当たり前です。

電波強度の低下については、格安SIM自体のサービスよりも、端末性能に依存する傾向があります。実際のところ、格安SIMのメリットには端末価格も安いSIMフリースマートフォンが利用されます。

実際に、大手キャリアのスマートフォンに格安SIMを使用した場合と格安スマホに格安SIMを組み合わせた場合を比較すると、大手キャリアのスマートフォンの方が電波強度が安定します。

そもそも、端末価格が安いということはコスト削減のために機能を排除したり、使用上問題のないレベルにまで性能を落としていることがあります。そのため、端末毎に電波強度が変化するため、敢えて新品のSIMフリースマートフォンを購入するよりも、中古で状態の良いスマートフォンを購入した方が安価かつ安定して通信サービスを利用できます。